キレーション治療を知る

キレーション治療について

Q1: キレーション治療の歴史は?
A1: 動脈硬化の治療としてキレーション治療が行われたのは、ほぼ50年前の1950年代半ばです。その後の約15年は治療方法の確立のための時期でした。1980年に入ると医者の学会も設立され治療方法の基準が確立され、臨床データをまとめた論文も多く出版されました。2004年春からはキレーション治療の心臓疾患に与える効果について、米国国立衛生研究所が5年計画の臨床試験を始めています。
Q2: キレーション(chelation)とはどういう意味ですか?
A2: キール(Chele)というギリシャ語が語源です。キールとはギリシャ語で「カニのはさみ」という意味です。キレーションとはキールすなわちカニのはさみでつかみ取ることを意味しています。キレーション治療で使用するアミノ酸には金属原子をカニのはさみのように強くつかみ取る性質があるため、この治療方法の名前になったといわれています。"Chelation"という言葉は和英辞典にも出ていない化学専門用語になります。キレーション治療を直訳すれば、さしずめ「はさみ取り治療」といったところでしょうか。
Q3: キレーション治療とはどういう意味ですか?
A3: 体内の金属を排泄する治療のことです。環境汚染などの影響で我々の体内には様々な有害金属が蓄積されています。若い頃には被爆量が少ないことと排泄能力が高いことから健康面に与える影響は限られているのですが、加齢と共に金属の蓄積量も徐々に増加して細胞の働きを低下させると考えられています。この結果として、ホルモン分泌異常がおきたり、活性酸素が増えることでガンの発生率が増加したり動脈硬化が進行し易くなり、またアルツハイマー型痴呆などの難治性脳疾患の原因になっているとも言われています。アルミニウム、鉛、ニッケル、カドミウム、水銀などが代表的な有害金属とされています。こうした有害金属を体外へ排泄することが健康管理の基本ともいえるわけです。

トラックバック

http://cms.selesite.com/cms/mt-tb.cgi/148