キレーション治療を知る

心臓機能の改善について

Q17: キレーション治療によって心臓機能は改善しますか?
A17: 心不全とは心臓のポンプ機能が低下するために十分な血液を拍出することが出来ない状態です。症状としては、手足のむくみや日常生活での息切れや動悸、重症化すると就寝後の呼吸不全などがあります。原因には高血圧、動脈硬化など様々なものがあるといわれ、治療にはジギタリス製剤など心臓の働きを強める薬剤を用います。心臓の機能評価の一つとして、左心室のポンプ機能をみる駆出率の測定があります。放射性同位元素を用いる検査で信頼性が高いことが知られています。左心室駆出率が30%以下に低下すると心臓移植などが必要な重症の心不全といえます。下図はキレーション治療による駆出率の変化を示したものです。キレーション治療により心機能が改善していることがわかります。これは心臓に対する直接的な効果のほか、全身の血液の流れが改善することで心臓にかかる負担が減少した結果ともいえます。

トラックバック

http://cms.selesite.com/cms/mt-tb.cgi/150