キレーション治療を知る

下肢の血流改善効果について

Q18: キレーション治療には、下肢の血流改善効果がありますか?
A18: EDTAキレーション治療の大きな特徴は血管の流れをよくすることにあります。米国で得られた臨床データでは下肢の血流不全がみられた患者にキレーション治療を行ったところ血流が回復していることが報告されています。ABIとは足首と上腕の血圧の比を意味しますが、通常ではこの比率は1.0~1.3であり、下肢の血圧のほうが腕の血圧よりも高いことが知られています。ところが動脈硬化が進み、下肢へ行く太い血管の閉塞が生じるとこのABIの値が0.9以下に減少してきます。こうした病態を閉塞性動脈硬化症と呼び最悪の場合には下肢の切断が必要になる場合もあります。しかしキレーション治療を行うと下図に示すようにABIの値が約20%以上改善する傾向があり、下肢の血流を維持できることが知られています。

トラックバック

http://cms.selesite.com/cms/mt-tb.cgi/149